「される側に学ぶ」という美辞の裏側:構造的差別による「する側」「される側」の分断が大前提

日本臨床心理学会は、長年にわたり、「される側」に学ぶということをモットーに掲げてきました。

でも、その論理は、「する側」「される側」を区別した上でしか成り立ちません。

いったん、自分が専門職として「支援をする側」になったら、「支援をされる側」との間には、必然的に区別/差別が生じる、という前提から始まる考え方です。

もちろん、「支援してきた側」が、「支援を受ける側」に転換することはあります。でもその場合も立場が入れ替わるだけで、その差別の構造そのものは変わりません。

このような「構造的差別」と同じ図式に成り立つ理念が、「する側に学ぶ」ということなのです。

「構造的差別」について、誰もがご存知の例を上げましょう。

沖縄の基地問題に関わる問題群です。

そこで、沖縄「民族主義」の論客が主張する本土への批判に、「構造的差別」という用語があります。「構造的差別」とは、本土の人は沖縄人を具体的に差別しているつもりはなくても、本土の人であるというだけで差別する側だ、という論理です。

これに非常に近いのが、この「する側に学ぶ」という、日本臨床心理学会が掲げて来た、一見素晴らしく、謙虚にも見える、標語なのです。

日本臨床心理学会が、せっかくヒアリング・ヴォイシズ運動を、それがオランダで発祥した数年後にいち早く日本に導入したにも関わらず、またその当時、べてるの家との親密な交流があったにも関わらず、この学会が自らにブレーキをかけて、この運動を(半ば意図的に)広めることを怠ったのは、そのようなわけなのです。

ヒアリング・ヴォイシズ運動は、する側とされる側という分断を超え、専門家の間の垣根を取り除いた、つまり「する側」「される側」が生じる以前の人と人との関わりの中での恊働・共同の癒しが生じるものだったからです。

この在り方は、精神科医療という権威の下の中間管理職としての地位を、国家資格「公認心理師」の取得によって地固めをしたいと願って来た人たちにとっては、邪魔な方法論であり運動であったのです。

ですから、自分たち自らが運動の主導者と標榜し、この運動の根幹の精神を歪め、結果的に衰退させたのです。

しかし今日、オープン・ダイアローグという、この運動のその源の精神を同じくする方法が、日本で流行しはじめています。これを、精神科医療に取り入れる(保険点数化してお金儲けができる)ことによって、「公認心理師」の利権の拡充の可能性が出て来たいま、日本流(つまりお医者さん主導の)オープン・ダイアローグにこの元々反精神医学運動であった、ヒアリング・ヴォイシズ運動を呑み込み、消滅させようとしています。

この方向性の宣言ともなるのが、日本臨床心理学会の今年度大会2日目(9月30日)午後の、メインプログラムの構成でしょう。

ここでヒアリング・ヴォイシズについて語るのは、この運動の導入者の佐藤和喜雄ではなく、この運動に常に内部から制動をかけてきた人物なのですから。

カテゴリー: 1) 出来事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です