第52回日本臨床心理学会【一般社団法人化第1回】大会のご案内

日本臨床心理学会(旧任意団体)会員のみなさま、
一般社団法人日本臨床心理学会社員のみなさま、

一般社団法人第1回社員総会を含む、第52回日本臨床心理学会年次大会のご案内を致します。
宜しくご参照くださいませ。

平成28年4月18日<第1報>・5月14日<第2報更新>・6月14日<第3報更新>
*6月14日に、社員自主企画内容他の新しい記事を更新しています
一般社団法人日本臨床心理学会理事会・事務局

大会ホームページへ     総合案内リーフレットpdf

…………………………………………………………………………………………………………………

《第52回日本臨床心理学会[一般社団法人化第1回]大会》
大会テーマ: こころの「医療化」を問う
〜公認心理師に未来はあるか?〜

期日:平成28年6月25日(土)・26日(日)
会場:姫路市 市民会館    ( 兵庫県姫路市総社本町 112)
参加費:一般社団法人社員  [25 日~ 26 日通し ]       2000 円 ※
姫路市民・一般   [25 日~ 26 日午前 ]             無料
全国オルタナティブ協議会講演会 [26 日午後 ]                         1000 円 ※
※ 一般社団法人社員は、 26 日午後の全国オルタナティブ協議会の催しに無料でご参加いただけます。

《概要》
こころまでが「医療化」されてしまう ….. 。
この問題に、しっかりと向き合おう。
でも批判だけではだめ!
代わりに何ができるの?
実際にみんなが今、それぞれの現場で工夫してがんばっていることはどんなこと?
それをみんなで、かたり合おう!

***************************

《プログラム》
*一般社団法人日本臨床心理学会担当
6 月 25 日(土)
13 時半~ 17 時:公開シンポジウム「公認心理師に未来はあるか?」
                        ポスターPDF
 18 時 ~ 21 時:「思いつながる こころの交流展」
6 月 26 日(日)
9時半~ 12 時:研究発表・活動実践報告会
12 時~ 13 時 : 社員総会

*全国オルタナティブ協議会担当
6 月 26 日(日)
13 時~:島田妙子さん講演他
……………………………………………………………………………………

「公認心理師法」が昨年9月に成立しました。この国家資格には、「医師の指示に従う」義務があり、いま社会問題となっている過剰な「医療化」が、国民ひとりひとりのこころの中にも分け入って押しすすめられるかも …. そんな危うさを感じている人も少なくありません。

初日午後のシンポジウムでは、「公認心理師」法制化によって、わたくしたち一般市民の生活にどのような福利が得られるのか、あるいは、今は表立たない大きな問題をはらんでいないのかを、<現場>からの生の声で語り合います。
シンポジストは、京都の歴史ある「精神病」患者団体「前進友の会」から「キーサン革命の鬼」江端一起さん、大阪を中心に活動するブルース系シンガーソングライターでかつて国政に参与した著名な心理学者のクライアントであった小林万里子さん、兵庫県スクールカウンセラー・スーパーバイザーで現在熊本地震の被害者支援に専心されている臨床心理士の高橋哲さん、精神保健福祉士事務所を独立開業した梅屋隆さんです。司会は金田恆孝さん(東淀川教会牧師)が務めます。

そのあと夕刻から、社員自主企画「思いつながる こころの交流展」を企画します。「医療」に頼らない(近代医療はあまたの癒しの方法の中の一つの選択肢にすぎない)とするならば、ほか(オルタナティブ)にどのような方法がすでに有効に実践されているのでしょう。法人会員(社員)によるポスター発表と実演・ミニ体験セミナー等、出展者の自主と創意工夫にお任せする交流会です。もちろん、一般の方にはフリーで出入り頂けます。この企画は、2日目午前の社員による研究発表と実践活動報告と、午後の全国オルタナティブ協議会の特別講演会他の多彩な催しへの橋渡しとなることを目指しています。(特別講演会では、かつての虐待被害当事者であり全国で精力的に講演活動をなさっている島田妙子さんにお話し頂きます。)
この初日夕べの企画は、学術大会の催しとしてはあまり前例の無いチャレンジングな試みです。堅苦しくなりがちな「懇親会」に代わる、みなさんの手作りの交流と情報交換の場となれば幸いです。
なお、この企画のネーミングタイトルそのものも、社員のみなさんから募集しています。よいネーミングを思いつかれましたら、申込書の該当箇所にふるってお書きください。

後援:姫路市・姫路観光コンベンションビューロー・NPO 法人メンタルヘルス研究所・宇部フロンティア大学心理検査研究所他

****************************

◎一般社団法人社員(会員)のみなさまへ

参加ご希望の方は、本文末尾のお申し込みフォームへのご記入を頂き、宛先アドレスへのご返信にて、お申し込み頂けます。ポスター・口頭発表等のご希望も併せてお知らせください。大会に関するお問い合わせも同じアドレスまで。

参加お申し込みメールは、6月23日(木)24時までに頂ければ助かります。
なお、研究・実践発表をご希望の方は、別記「発表希望者の方へ(下記☆)」をご参照の上、6月5日までに予稿集原稿等をお送りください。

※社員総会議案書等および大会予稿集は、<第3報(総会ご案内)>に添付予定です。

宛先アドレス: ratna※iris.eonet.ne.jp (※を@に直してお送りください。)
電子メールの【件名】欄に、 「りんしん大会申込(社員ご氏名)」 とご記入ください。

◇メールでの参加お申し込みに併せ、以下の法人ゆうちょ口座(新設)に 参加費2000円 をお振込みください。(ゆうちょ口座間でのご送金は無料です。)
事前入金の受付は、事務手続きの都合で、 6月21日(火)まで とさせて頂きます。
当日受付事務の簡素化のため、出来るだけ事前のご納入にご協力くださいませ。

【事前参加費のお振込先】
ゆうちょ銀行 記号)14360 番号)96388471
※他行からのお振込の場合
店名:四三八店 口座番号:9638847
口座名義:「一般社団法人 日本臨床心理学会」

注)2日目午後の全国オルタナティブ協議会講演会(1000円)に一般(法人社員資格以外)でご参加の方は、当日のオルタナティブ協議会受付でお支払い頂けます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆学術研究/実践報告の口頭/ポスター発表・出展・出店をご希望の社員のみなさまへ

1)学術研究発表:予稿集原稿(発表概要をA4サイズ1頁に収まる完成原版のPDFおよびテクストファイル)をお送りください。

2)学術研究発表以外:予稿集に掲載する題目と、簡単な趣旨説明(100文字位)を申し込みメール内にご記入ください。

締め切りは、 6月5日(日)24時です<5月末日から延長しました>。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

《参加申込みのご案内》

参加のお申し込みは、以下のフォームをコピーペースト頂き、
ratna※iris.eonet.ne.jp (※を@に直して)宛にお送りください。
(発表・出展のお申し出は6月5日までに!)

電子メールの【件名】欄に必ず、「りんしん大会申込(ご氏名)」とご記入ください。
折り返し、申込書受領の旨、ご返信致します。
まんいち、お申込み後2日以上返信が無い場合には、学会事務局アドレスまでお問合せくださいませ。

=======================================================
第 52 回日本臨床心理学会【一般社団法人化第1回】大会申込書

お名前:

ご住所:

当日に連絡可能な電話番号:

《研究発表・出展参加等のご希望》
☆社員および社員が代表されるグループは、研究発表・出展・出店(物品販売)をして頂けます。

1)口頭発表(26日午前10時(30分繰り上げ開始の可能性)~12時):
            申し込む   申し込まない
題目:
 <ここに印刷版下A4のテキスト・PDFを添付>

2)「(仮称)癒しの見本市」ポスター発表・出展・出店(25日午後17時設営,18~21時)
a) ポスター発表  : 申し込む   申し込まない
題目:

b) 出展(展示)  : 申し込む   申し込まない
題目:

c) 出店・物品販売等: 希望有り   希望無し
内容・物品名等:
d) 予稿集掲載文(原則として100文字程度を目安にお願いします。)
e) ネーミング案:※「思いつながる こころの交流展」に決定しました(6月14日告知)。
3)その他の参加形態の希望(具体的にお書きください。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
社員総会へのご参加は、電磁的方法の併用を予定しています。
詳しくは、第3報(6月初~中旬予定)の議案書送付に併せてお知らせ致します。

《大会事務局へのご質問・ご要望》
 
 
 

=======================================================

カテゴリー: 2) 催しについて パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です